おいでやす京都どっとこむ
食
買
観
本
便
お多福飴
■ 初ゑびす お多福飴
 1月8〜12日、京都ゑびす神社では「初ゑびす」が行われ、 福を求める多くの人達で賑わいます。沿道には様々な露店が並ぶ中、 「初ゑびす」ならではなのが、この飴。
 小さいものでは直径1cmほど。細かな細工にびっくり! いろんな表情があって、楽しい。 つられて思わず、ニッコリしてしまう。 キッチュな色合いも可愛らしくて、口に含むと昔懐かしい味わい。 サイズもいろいろ。お土産に、いかが?

●京阪「四条」駅下車 南へ徒歩約5分
●お多福飴 400円〜



だるまみくじ
■ 吉田神社 だるまみくじ
 とってもキュートなおみくじは、節分祭で有名な吉田神社のもの。 大きなだるまの中にコロコロと、たくさん入って何ともカワイイ。 手描きのため一つずつ微妙に表情が違います。
 起きあがりこぼしを模した張り子の姫だるまの底に鬼のシールが…。 中に筒状に丸めたおみくじが入ってます。
 京都大学のご近所だけに、転んでもすぐに起き上がるのは縁起がよい (?) かも。

●市バス201系統他「京大正門前」下車 徒歩5分
●だるまみくじ 300円



天狗みくじ
■ 由岐神社 天狗みくじ
 鞍馬山の天狗伝説にちなんだ、強面の天狗の土鈴風おみくじ。 本殿前に置かれた迫力ある大きな天狗の入れ物の中に、 今にもあふれんばかりに沢山入っている。
 頭の後ろに小さく丸めたおみくじが…。最初はなかなか引っ張り出せないオマケ (?) つき。 キーホルダーになっているので、そのまま鞄にもつけられる。
 旅の思い出に、ここまで来たら買って帰るべきだ。

●叡山電鉄「鞍馬」駅下車 北へ徒歩約5分
●天狗みくじ 400円



みずかがみ御守
■ 晴明神社 みずかがみ御守
 霊験あらかたな、桔梗印のペンダント御守り。 陰陽五行では水には黒色を配します。潤いをもたらし生命の萌芽を促します。 常に肌身離さずに首からかけていれば、希代の陰陽師・安部晴明があらゆる災難から守ってくれます。
 また、集中力向上の御利益もあるので、修学旅行の学生さんは受験前に買っていかれるのも良いのでは?

●市バス201系統他「堀川今出川」駅下車 徒歩約2分
●みずかがみ御守 1200円


 <<      >>